専門用語・業界用語

どう違う?「増大」と「増加」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「増大」と「増加」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「増大」とは?

「増大」とは、物事や数量が大きくなることを意味します。何かが元々ある程度の大きさや量を持っている状態から、それ以上に大きくなることを指します。

「増加」とは?

「増加」とは、物事や数量が増えることを意味します。元々何もなかった状態から、ある程度の大きさや量を持つようになることを指します。

「増大」と「増加」の違い

「増大」と「増加」は、似ている意味を持つ言葉ですが、微妙な違いがあります。一般的には、「増大」は元々あるものがより大きくなることを、一方で「増加」は元々何もなかったものが増えることを指します。

「増大」の例文

1. この会社の売り上げは昨年比で増大しています。
2. 最近、地震の発生回数が増大しています。

「増加」の例文

1. インターネットの普及によって、情報のアクセスが増加しました。
2. 最近、飛行機の利用者数が増加しています。

まとめ

「増大」と「増加」は、どちらも物事や数量が増えることを意味しますが、微妙な違いがあります。使い方や文脈によって使い分けることが大切です。