専門用語・業界用語

どう違う?「開催」と「開会」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「開催」と「開会」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「開催」とは?

開催とは、イベントや会議などを実施することを指します。例えば、コンサートやスポーツ大会が開催されるということは、そのイベントが行われることを意味します。

「開会」とは?

開会とは、会議や式典などが始まることを指します。例えば、会議が開会されるということは、その会議がスタートすることを意味します。

「開催」と「開会」の違い

開催と開会は、似たような意味を持つ言葉ですが、微妙な違いがあります。

開催は、イベントや会議などを実施することを指すため、イベント自体が行われることを強調します。一方、開会は、会議や式典などが始まることを指すため、そのイベントがスタートする瞬間を強調します。

例えば、スポーツ大会が開催されるという場合は、試合や競技が行われることを意味します。一方、スポーツ大会が開会されるという場合は、大会の始まりの儀式やセレモニーが行われることを意味します。

「開催」の例文

1. 今年のクリスマスパーティーは、12月24日に開催されます。
2. 新商品の発表会が来月開催される予定です。

「開会」の例文

1. 会議は午前10時に開会しました。
2. 式典は国歌斉唱の後に開会しました。

まとめ

開催と開会は、イベントや会議などにおいて異なる意味を持つ言葉です。開催はイベントの実施を指し、開会は会議や式典の始まりを指します。注意して使い分けることで、正確な意図を伝えることができます。