ビジネス・就職・転職

どう違う?「資料」と「情報」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「資料」と「情報」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「資料」とは?

資料とは、特定のテーマに関する情報やデータがまとめられたものを指します。例えば、調査結果や統計データ、報告書などが資料に当たります。

「情報」とは?

情報とは、ある出来事や事実に関する知識やデータのことを指します。例えば、ニュースや報道、インターネット上の記事などが情報として扱われます。

「資料」と「情報」の違い

資料と情報は、その内容や形式が異なります。資料は比較的公式な形式でまとめられたものであり、主に専門的な目的で使用されます。一方、情報は主に一般的な知識やデータを含み、広く一般の人々に向けて提供されることが多いです。

「資料」の例文

以下は、「資料」の例文です。

1. 本日の営業成績に関する資料を添付いたします。
2. 新商品の販促活動に必要な資料を作成しましたので、ご確認ください。
3. 経済動向に関する資料を集め、分析しました。

「情報」の例文

以下は、「情報」の例文です。

1. 最新のニュース情報をお届けします。
2. お得な情報やキャンペーン情報をご紹介いたします。
3. インターネット上で話題の情報を集めました。

まとめ

資料と情報は、それぞれ異なる形式と目的を持っています。資料はより公式な形式でまとめられ、専門的な目的に使用されます。一方、情報は一般的な知識やデータを広く提供することを目的としています。必要な場合は、適切な形式の資料や情報を使用し、その目的に合った情報を提供するようにしましょう。