専門用語・業界用語

どう違う?「見通し」と「見込み」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「見通し」と「見込み」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「見通し」とは?

「見通し」とは、将来の予測や計画に基づいて、現時点からの予測される結果や状況を表す言葉です。具体的には、ある事柄やプロジェクトの予想される進行や成果、または経済や市場の予測などを指すことがあります。

「見込み」とは?

「見込み」とは、将来における期待や予想を表す言葉であり、特定の出来事や状況に対する予測や期待を指します。具体的には、ある製品の売り上げ見込みや将来の業績予想などが該当します。

「見通し」と「見込み」の違い

「見通し」と「見込み」の違いは、主に以下のような点にあります。

1. 時点の違い:「見通し」は現在から未来に向かっての予測や計画を意味し、将来の進行や結果を指します。「見込み」は現在から見た将来の期待や予想を表します。

2. 対象の違い:「見通し」は大まかな予測や予想を指すことが多く、広い範囲での目安や見込みを示します。「見込み」はより具体的で、特定の出来事や状況に対する期待や予想を表します。

3. 表現の違い:「見通し」は一般的には客観的な表現であり、現実的な展望や予想を示します。「見込み」は主観的な表現であり、期待や予想を含んだ意見や見解を述べることがあります。

「見通し」の例文

– 今後の経済見通しは不透明であると言われています。
– プロジェクトの見通しに基づいて、次のステップを計画しています。

「見込み」の例文

– 来月の売り上げ見込みは好調です。
– 新商品の導入により、将来の業績見込みが上昇しています。

まとめ

「見通し」と「見込み」は、将来に関する予測や期待を表す言葉ですが、異なるニュアンスや使い方を持っています。具体的な予想や計画を述べる場合は「見通し」を使い、特定の出来事や状況に対する期待や予測を述べる場合は「見込み」を使用すると良いでしょう。