生活・教育

どう違う?「希望」と「志望」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「希望」と「志望」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「希望」とは?

「希望」とは、将来的に実現したいことや望んでいることを指します。自分の目標や夢を言葉にしたものです。例えば、将来的には自分の会社を立ち上げたい、世界中を旅行したいなど、自分の人生やキャリアにおける方向性を示すことができます。

「志望」とは?

「志望」とは、具体的な目的や目標を持ち、それに向かって努力をすることを指します。進学や就職の際に、自分が希望する学校や企業を選び、その目標に向かって行動することを意味します。志望する人は、自分が選んだ場所や組織で活躍することを目指します。

「希望」と「志望」の違い

「希望」と「志望」の違いは、主体性の違いにあります。「希望」は自分の中の理想や欲望を表現するものであり、一方「志望」は、具体的な目標や目的を持ち、そのために努力をすることを示します。つまり、「希望」は個人の内面から生まれるものであり、一方「志望」は具体的な行動や決断を伴うものです。

「希望」の例文

1. 私の希望は、将来的に自分の芸術作品を世界中に展示することです。
2. 将来的には、自分の起業した会社が国内外で成功を収めることが希望です。
3. 希望として、一流大学に進学し、国際的な研究活動に参加することがあります。

「志望」の例文

1. 私の志望は、あなたの会社で経験を積み、将来的には上級管理職になることです。
2. 志望する大学は、教育の質が高く、将来のキャリア形成に有利な環境が整っていると考えています。
3. 私の志望企業は、その社風や事業展開に魅力を感じ、自分の能力を活かせると考えています。

まとめ

「希望」と「志望」は、将来の夢や目標を表現するために使われる言葉です。「希望」は自分の理想や欲望を表現し、「志望」は具体的な目標や目的を持ち、それに向かって努力をすることを示します。両方とも自分の将来について考える上で重要な要素であり、自分の人生やキャリア形成の方向性を考える際に役立ちます。