専門用語・業界用語

どう違う?「真実」と「事実」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「真実」と「事実」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「真実」とは?

真実とは、真実性や現実性を持つことを指します。つまり、事実であり、誤りや虚偽がないことを指します。

「事実」とは?

事実とは、客観的な現実の出来事や状況を指します。つまり、真実であり、確かに存在することを指します。

「真実」と「事実」の違い

「真実」と「事実」の違いは微妙ですが、一般的には以下のように言えます。

「真実」は、主観的な理解や意識に基づくものであり、個人や社会によって異なる解釈がされることがあります。一方、「事実」は客観的な現実に基づくものであり、誰にとっても同じように認識されることがあります。

「真実」の例文

例えば、「彼女は嘘をついた」という文は、「真実」の例文となります。なぜなら、その文が述べていることが実際に事実であり、誤りや虚偽がないからです。

「事実」の例文

例えば、「今日は晴れている」という文は、「事実」の例文となります。なぜなら、その文が述べていることが現実に存在する出来事であり、客観的に確かめられるからです。

まとめ

「真実」と「事実」は似ているようで異なる概念です。真実は主観的な理解に基づき、個人や社会によって解釈が異なることがあります。一方、事実は客観的な現実に基づき、誰にとっても同じように認識されることがあります。