ビジネス・就職・転職

どう違う?「確保」と「獲得」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「確保」と「獲得」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「確保」とは?

「確保」とは、あるものを手に入れて、安全に保管することを意味します。

「獲得」とは?

「獲得」とは、あるものを手に入れることを意味します。

「確保」と「獲得」の違い

「確保」と「獲得」は、似ている意味を持っていますが、微妙に違いがあります。

「確保」は、あるものを手に入れて、その後も安全に保管することを重視します。一度手に入れたものを確実に保持することが目的です。

一方、「獲得」は、あるものを手に入れることが主眼です。手に入れた後の保管や管理には重点を置かず、手に入れることに注力します。

「確保」の例文

例文1:新しいプロジェクトのために、必要な資料を確保しました。
例文2:重要な書類を保管するために、セキュリティシステムを確保しました。

「獲得」の例文

例文1:最新のデータを獲得するために、市場調査を行いました。
例文2:新しい顧客を獲得するために、セールス戦略を立てました。

まとめ

「確保」と「獲得」は、似た意味を持っていますが、微妙な違いがあります。確保はあるものを手に入れて保持することを重視し、獲得はあるものを手に入れることに焦点を当てます。