専門用語・業界用語

どう違う?「横断」と「縦断」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「横断」と「縦断」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「横断」とは?

「横断」とは、ある領域や範囲を横方向に移動することを指します。通常は、道路や川などの障害物を横切ることを意味します。

「縦断」とは?

「縦断」とは、ある領域や範囲を縦方向に移動することを指します。通常は、地理的な特徴や状況を縦方向に調査や測定することを意味します。

「横断」と「縦断」の違い

「横断」と「縦断」の違いは、移動する方向や対象にあります。横断は横方向に移動することを意味し、主に障害物を横切ることを指します。一方、縦断は縦方向に移動することであり、主に地理的な特徴や状況を縦方向に調査や測定することを指します。

「横断」の例文

1. 道路を横断する際は、横断歩道を利用しましょう。
2. 川を横断するためには、橋が必要です。

「縦断」の例文

1. この地域の地形を縦断するために、縦断プロファイルを作成しました。
2. 鉄道の線路を縦断して、勾配や曲線の状態を調査しました。

まとめ

「横断」とは横方向に移動し、障害物を横切ることを指します。「縦断」とは縦方向に移動し、地理的な特徴や状況を縦方向に調査や測定することを指します。