状態

どう違う?「失望」と「絶望」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「失望」と「絶望」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「失望」とは?

「失望」とは、期待していたことが実現せず、がっかりした気持ちを表します。

「絶望」とは?

「絶望」とは、希望を完全に失い、どん底の状態になることを表します。

「失望」と「絶望」の違い

「失望」と「絶望」の違いは、失望は期待が裏切られたことによるがっかりした気持ちであり、絶望は希望を完全に失い、深い絶望感を抱くことです。

「失望」の例文

– 彼氏に約束されたデートがキャンセルされて、失望しました。
– 長年の努力が報われず、失望感が募りました。

「絶望」の例文

– 意中の人に振られて、絶望の淵に立たされました。
– 夢を叶えるための最後のチャンスを逃して、絶望に沈んでいます。

まとめ

「失望」と「絶望」は共通して期待が裏切られたことを意味しますが、失望はがっかりした気持ちを表し、絶望は完全に希望を失い、深い絶望感に包まれることを表します。いずれの感情も人間の心において避けられないものであり、人生の中で経験することもあります。大切なのは、その感情に立ち向かい、前に進む力を持つことです。