専門用語・業界用語

どう違う?「進展」と「伸展」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「進展」と「伸展」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「進展」とは?

「進展」とは、ある事柄が進んで進歩したり、進行したりすることを指します。具体的には、計画やプロジェクト、課題などが進んで進捗したり、成果が上がったりすることを指します。

「伸展」とは?

「伸展」とは、ある事柄が伸びたり、拡大したりすることを指します。具体的には、組織やビジネスの規模や売上が伸びたり、市場が拡大したりすることを指します。

「進展」と「伸展」の違い

「進展」と「伸展」は、いずれも事柄が進んだり拡大したりすることを指しますが、用途やニュアンスに違いがあります。

「進展」は、主に計画やプロジェクト、課題などの進捗や成果に焦点を当てています。また、進展は進歩や進行とも関連しており、より具体的な進み具合や成果の上がり具合を表現する際に使用されます。

一方、「伸展」は、主に組織やビジネスの規模や売上、市場などの拡大に焦点を当てています。また、伸展は伸びや拡大を意味しており、より広がりや拡大の程度を表現する際に使用されます。

「進展」の例文

以下は「進展」を使った例文です。

1. プロジェクトが進展し、予定よりも早く目標を達成することができました。
2. 研究の進展により、新たな治療法が開発されました。
3. 交渉が進展し、問題が解決される見通しが立ちました。

「伸展」の例文

以下は「伸展」を使った例文です。

1. 当社の売上が伸展し、新たな市場への進出が成功しました。
2. 新商品の人気により、販売エリアが伸展しました。
3. 優れたマーケティング戦略により、市場シェアが伸展しました。

まとめ

「進展」と「伸展」は、どちらも事柄が進んだり拡大したりすることを意味していますが、用途やニュアンスに違いがあります。より具体的な進み具合や成果の上がり具合を表現する際には「進展」を使用し、広がりや拡大の程度を表現する際には「伸展」を使用します。