専門用語・業界用語

どう違う?「逮捕」と「摘発」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「逮捕」と「摘発」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「逮捕」とは?

「逮捕」とは、犯罪を犯した疑いのある人を警察などの公権力機関が身柄を拘束することを指します。逮捕されると、犯罪容疑者として司法の手続きに従って裁判所に引き渡されます。

「摘発」とは?

「摘発」とは、犯罪行為や不正行為を見つけ出し、公に訴えることを指します。主に警察や検察などの公権力機関が犯罪者や不正を摘発し、適切な処罰や是正措置を行います。

「逮捕」と「摘発」の違い

「逮捕」と「摘発」は類似した意味を持ちますが、微妙な違いがあります。逮捕は特定の個人を犯罪容疑者として捕まえる行為を指し、摘発は広範囲にわたる犯罪行為や不正行為を発見し、告発・訴追する行為を指します。

「逮捕」の例文

– 銀行強盗犯は警察によって逮捕された。
– 窃盗犯が逮捕され、警察の取り調べが行われている。

「摘発」の例文

– 不正薬物取引が摘発され、関係者が逮捕された。
– 組織的な詐欺行為が摘発され、被害者に補償が行われることとなった。

まとめ

「逮捕」とは疑いがかけられた個人を拘束し、司法手続きに付すことを指し、「摘発」とは犯罪行為や不正行為を見つけ出し、公に訴える行為を指します。どちらも社会の秩序を守るために重要な役割を果たしています。