専門用語・業界用語

どう違う?「逐次」と「同時」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「逐次」と「同時」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「逐次」とは?

逐次とは、一つの作業や行動を順番に進めることを指します。ある作業や行動が完了するまで次の作業や行動には移らず、順序を守って進めていきます。

「同時」とは?

同時とは、複数の作業や行動を同じタイミングで行うことを指します。複数の作業や行動が同時に進行し、順序を気にせずに同時に進めていきます。

「逐次」と「同時」の違い

逐次と同時の違いは、作業や行動を進める方法にあります。逐次は順番に進めるため、一つの作業や行動が完了するまで次に進むことがありません。一方、同時は複数の作業や行動を同時に進めるため、順序を気にせずに同時に進めることができます。

「逐次」の例文

例文1:
逐次処理により、データベースから情報を取得し、画面に表示します。

例文2:
この工程は逐次実行されるため、次の工程に進む前に必ず完了する必要があります。

「同時」の例文

例文1:
同時に複数のファイルをダウンロードすることができます。

例文2:
複数の人が同時に作業を進めることで、効率的にプロジェクトを進めることができます。

まとめ

逐次と同時は、作業や行動を進める方法に違いがあります。逐次は順番に進めることで一つずつ完了させますが、同時は複数の作業を同じタイミングで進めることができます。それぞれの特徴を理解し、適切な方法を選択して作業を進めましょう。