専門用語・業界用語

どう違う?「賛同」と「賛成」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「賛同」と「賛成」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「賛同」とは?

「賛同」とは、他人の意見や行動に同意し、支持することを意味します。自分と同じ考えや立場に賛成することであり、相手の意見や行動を認めることも含まれます。

「賛成」とは?

「賛成」とは、ある意見や提案に同意し、支持することを意味します。自分自身の意見と同じであるか、相手の意見や提案が妥当であると認めることが条件となります。

「賛同」と「賛成」の違い

「賛同」と「賛成」の違いは、微妙ですが、以下のように言えます。

「賛同」は感情的な面が強く、相手の意見や行動に心の共鳴を感じ、同じ方向に向かおうとする姿勢を示します。一方、「賛成」は理性的な面が強く、論理的な根拠や理由に基づいて、相手の意見や提案を支持する姿勢を示します。

「賛同」の例文

以下は、「賛同」を表現する例文です。

1. 私はあなたの意見に完全に賛同します。
2. あなたの考えに賛同し、一緒に行動することにします。
3. 私はあなたの行動に賛同します。

「賛成」の例文

以下は、「賛成」を表現する例文です。

1. 私はあなたの意見に賛成です。
2. あなたの提案に賛成し、その方針で進めましょう。
3. 私はあなたの主張に賛成します。

まとめ

「賛同」と「賛成」は、他人の意見や行動に対して同意や支持を示す言葉ですが、微妙な違いがあります。感情的な共鳴や心の一致を示す場合は「賛同」を使用し、論理的な根拠や理由に基づいた支持を示す場合は「賛成」を使用しましょう。