専門用語・業界用語

どう違う?「補正」と「調整」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「補正」と「調整」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「補正」とは?

補正とは、元の状態や値に対して微調整を行うことを指します。何かが欠けていたり、過剰であったりする場合に、適切なバランスを取るために行われます。

「調整」とは?

調整は、ある目的や基準に合わせて変更を加えることを指します。何かを最適な状態に整えるために行われます。具体的には、パラメータの変更や姿勢の調整などが該当します。

「補正」と「調整」の違い

「補正」と「調整」は似た意味を持ちますが、微妙に異なるニュアンスがあります。補正は元の状態に対して微調整を行うことを意味し、欠けている部分を埋めたり過剰な部分を抑えたりします。一方、調整はある目的や基準に合わせて変更を加えることで、最適な状態に整えます。

「補正」の例文

1. 商品の価格が高すぎるため、販売価格を補正しました。
2. 写真の明るさが足りなかったため、明るさを補正しました。

「調整」の例文

1. プロジェクターのフォーカスを調整することで、画像のクリアさを向上させました。
2. 音量を調整して、より聞きやすい音声にしました。

まとめ

補正と調整は、元の状態や値に対して微調整や変更を行うことを意味します。補正は欠けていたり過剰だったりする部分を調整しバランスを取るために行われます。一方、調整は目的や基準に合わせて変更を加え、最適な状態に整えます。