生活・教育

どう違う?「居候」と「同居」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「居候」と「同居」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「居候」とは?

「居候」とは、他人の家に一時的に住むことを指します。通常、家賃を支払わずに滞在するため、家の主人との間にある程度の関係が必要です。

「同居」とは?

「同居」とは、複数の人が同じ家に住むことを指します。通常、家賃や共同生活のルールに従い、共同で家事や出費を分担します。

「居候」と「同居」の違い

「居候」と「同居」は、主に滞在の目的や関係の違いによって区別されます。

「居候」は一時的な滞在を意味し、家賃を支払わずに滞在することが特徴です。滞在期間は一定期間であり、通常は家の主人との関係がある程度の信頼関係が必要です。

一方、「同居」は複数の人が同じ家に住むことを指します。家賃や共同生活のルールに従い、共同で家事や出費を分担します。同居者同士は家族や友人など、緊密な関係を持っていることが一般的です。

「居候」の例文

以下に「居候」の例文を示します。

1. 彼は友人の家に居候しています。
2. 留学生が私の家に居候することになりました。

「同居」の例文

以下に「同居」の例文を示します。

1. 兄弟が共同でアパートに同居しています。
2. カップルが結婚前に同居を始めました。

まとめ

「居候」とは他人の家に一時的に滞在することであり、家賃を支払わずに滞在します。一方、「同居」とは複数の人が同じ家に住み、家事や出費を共同で行うことを指します。どちらの場合も、関係者間の信頼や共同生活のルールが重要です。