その他

どう違う?「厚かましい」と「図々しい」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「厚かましい」と「図々しい」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「厚かましい」とは?

「厚かましい」とは、他人に対して度量の広さや恥じらいのなさを示す言葉です。自分の利益や欲望を押し付けるような態度や行動をすることを指します。

「図々しい」とは?

「図々しい」とは、軽々しく他人のものや時間などを利用する様子を表す言葉です。礼儀や節度に欠ける行為や態度を指し示します。

「厚かましい」と「図々しい」の違い

「厚かましい」と「図々しい」は似た意味を持ちますが、微妙な違いもあります。厚かましいは主に度量の広さや恥じらいのなさを表す言葉であり、相手に対して自分の意見や要求をぶちまけるような態度や行動を指します。一方、図々しいは他人のものや時間を軽々しく利用する様子を表し、礼儀や節度に欠けた行為や態度を指します。

「厚かましい」の例文

1. 彼は私に財布を貸してくれと言ってきた。本当に厚かましい奴だ。
2. あの人は自分の意見ばかり押し付けてくるので、厚かましいと感じる。

「図々しい」の例文

1. 彼女はいつも他人のお金を借りるのが図々しい。
2. 会議に遅刻してきた彼は、人の時間を図々しく利用していると思う。

まとめ

「厚かましい」と「図々しい」は類似した言葉ですが、微妙な違いがあります。厚かましいは度量の広さや恥じらいのなさを示す言葉であり、図々しいは他人のものや時間を軽々しく利用する様子を表します。どちらの言葉も、他人との関係性や社会的ルールを考える上で重要な意味を持っています。