専門用語・業界用語

どう違う?「公開」と「開示」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「公開」と「開示」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「公開」とは?

公開とは、情報やデータなどを一般の人々に対して公にすることを指します。公開された情報は一般の人々がアクセス可能であり、利用や閲覧が可能です。

「開示」とは?

開示とは、一般の人々に対して情報やデータなどを提供することを指します。開示された情報は、一般の人々が利用や閲覧することができますが、必ずしも公にされるわけではありません。

「公開」と「開示」の違い

公開と開示は似たような意味を持つ言葉ですが、微妙な違いがあります。公開は情報やデータを公にすることを意味し、一般の人々が利用や閲覧可能です。一方、開示は情報やデータを提供することを指し、公にする必要はありませんが、一般の人々が利用や閲覧することができます。

「公開」の例文

1. イベントの詳細情報をWebサイト上で公開しています。
2. 会社の財務情報を株主に公開しました。
3. スマートフォンアプリの新機能を公開する予定です。

「開示」の例文

1. 法的な要求により、個人情報は開示されません。
2. 会社の業績予測を株主に開示しました。
3. 研究結果は学会で開示される予定です。

まとめ

「公開」とは情報やデータを一般の人々に公にすることを指し、一般の人々が利用や閲覧できる状態です。一方、「開示」とは情報やデータを提供することを指し、公にしなくても一般の人々が利用や閲覧できる状態かどうかは明確にされていません。