専門用語・業界用語

どう違う?「入荷」と「入庫」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「入荷」と「入庫」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「入荷」とは?

「入荷」とは、商品や材料などが倉庫や店舗などに到着し、在庫として登録されることを意味します。具体的には、商品が発注元から配送されてきて、在庫管理システムに登録されることを指します。

「入庫」とは?

「入庫」とは、商品や材料などが倉庫や店舗などに収納され、保管されることを意味します。具体的には、商品が倉庫や棚に配置され、一定の場所に保管されることを指します。

「入荷」と「入庫」の違い

「入荷」と「入庫」は、物流や在庫管理のプロセスにおいて異なる意味を持ちます。

「入荷」は、商品や材料の在庫が到着して登録されることを指し、在庫に加えられる前の段階です。一方、「入庫」は、商品や材料が実際に保管スペースに配置され、在庫として管理されることを指します。

つまり、「入荷」は商品の到着と登録のプロセスを表し、「入庫」は商品の収納と管理のプロセスを表しています。

「入荷」の例文

例えば、あるオンラインショップが新しい商品を仕入れる場合、商品が発注元から配送されてきた時点で「入荷」となります。この場合、商品の種類や数量などを確認し、在庫管理システムに登録します。

具体的な例文としては以下のようなものが考えられます。

「新商品が入荷しました。種類はAとBの2種類で、数量はそれぞれ100個ずつです。在庫に反映させるため、入荷処理を行いました。」

「入庫」の例文

「入庫」は、商品や材料が保管スペースに配置されることを指します。以下に具体的な例文を示します。

「入荷した商品を倉庫内の棚に入庫しました。商品はカテゴリごとに分類し、バーコードで管理しています。保管場所を確認し、適切に配置しました。」

まとめ

「入荷」と「入庫」は、物流や在庫管理において重要な概念です。「入荷」は商品の到着と登録を表し、「入庫」は商品の収納と管理を表します。両者の違いを理解し、適切に使用することで、効率的な在庫管理が行えます。