専門用語・業界用語

どう違う?「侵攻」と「侵略」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「侵攻」と「侵略」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「侵攻」とは?

「侵攻」とは、敵対的な目的を持って、他人の領域に進入することを指します。軍事的な行動や攻撃的な手段を用いて、他国の領土や領域に侵入し、支配することを目的とします。

「侵略」とは?

「侵略」とは、他人の領域を攻撃し支配することを指します。武力や圧力を用いて他国を攻撃し、領土や領域を支配下に置くことを目的とします。

「侵攻」と「侵略」の違い

「侵攻」と「侵略」の違いは、目的や手段にあります。まず目的については、侵攻は他国の領域に進入することが目的であり、一時的な占領を行うこともあります。一方で、侵略は他国を攻撃し領土や領域を支配することが目的です。次に手段については、侵攻は軍事的な行動や攻撃的な手段を用いることが一般的です。一方、侵略は武力や圧力を用いて他国を攻撃し支配下に置くことが特徴です。

「侵攻」の例文

以下に「侵攻」の例文をいくつか紹介します。

1. 戦争勃発後、敵軍は我が国の領域に侵攻しました。
2. 軍事的な力を背景に、彼らは他国の海域に侵攻しました。
3. 侵攻を止めるために、我々は防衛体制を強化しました。

「侵略」の例文

以下に「侵略」の例文をいくつか紹介します。

1. 武力を駆使して、彼らは隣国を侵略しました。
2. 侵略に対抗するため、国際社会は制裁を行いました。
3. 侵略行為は国際的な非難を浴びました。

まとめ

「侵攻」とは他国の領域に進入することを指し、「侵略」とは他国を攻撃し支配することを指します。目的や手段に違いがあり、それぞれの例文を通じてその意味や使用法を理解しましょう。