専門用語・業界用語

どう違う?「頻繁」と「頻発」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「頻繁」と「頻発」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「頻繁」とは?

「頻繁」とは、ある事が頻度が高く続けて行われることを表します。例えば、毎日や毎週など、短い間隔で繰り返し行われることを指します。

「頻発」とは?

「頻発」とは、ある事が度々起こることを表します。例えば、よく起こる、頻繁に起こるという意味です。

「頻繁」と「頻発」の違い

「頻繁」と「頻発」は、意味としては似ていますが微妙な違いがあります。一般的に、頻繁は短い間隔で行われることを強調し、頻発はたびたび起こることを強調します。

「頻繁」の例文

– 彼は頻繁にジムに通っています。
– このレストランでは、頻繁にメニューが変わります。

「頻発」の例文

– この地域では地震が頻発しています。
– 彼の言動は頻発するため、注意が必要です。

まとめ

「頻繁」は短い間隔で続けて行われることを指し、「頻発」は度々起こることを指します。どちらも頻度の高い事を表す言葉ですが、微妙なニュアンスの違いがあります。