専門用語・業界用語

どう違う?「配信」と「送信」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「配信」と「送信」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「配信」とは?

配信とは、情報やコンテンツをインターネットなどのメディアを通じて、一定の対象者に向けて送信することです。例えば、テレビ番組やラジオ番組、ウェブサイトやSNSなどでの記事や動画の公開が配信に当たります。

「送信」とは?

送信とは、情報やメッセージをある場所や相手に向けて伝える行為です。例えば、メールや手紙などを使って、相手にメッセージを送ることが送信になります。

「配信」と「送信」の違い

配信と送信の違いは、主にメディアの利用の有無です。配信はインターネットやメディアを通じて情報やコンテンツを送ることを指し、広く一定の対象者に向けて行われます。一方、送信は主にメッセージや情報を特定の相手や場所に直接送ることを指します。

「配信」の例文

– ライブ配信を通じて、アーティストのコンサートを世界中に届けます。
– 配信サービスを利用して、最新のニュースをリアルタイムで受け取ることができます。

「送信」の例文

– メールを送信して、重要な資料をクライアントに届けました。
– 手紙を郵送して、友人に感謝の気持ちを送りました。

まとめ

配信と送信は、情報やメッセージを伝える行為ですが、配信はメディアを通じて一定の対象者に向けて情報やコンテンツを送ることを指し、送信は特定の相手や場所に直接メッセージを送ることを指します。