専門用語・業界用語

どう違う?「違反」と「抵触」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「違反」と「抵触」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「違反」とは?

「違反」とは、特定の規則や法律に対して、その内容や要件を満たさないことを指します。違反は、何かしらのルールや規則を破る行為や状況を指す一般的な用語です。

「抵触」とは?

「抵触」とは、ある要件や条件と他の要件や条件が相容れず、衝突する状況や矛盾を指します。抵触は、2つ以上の要件や条件が両立できない状態を指す言葉です。

「違反」と「抵触」の違い

「違反」と「抵触」は、似たような意味合いを持つ言葉ですが、微妙な違いがあります。違反はルールや法律に対して、要件や条件を満たさない状態を指し、一方で抵触は異なる要件や条件が相容れず、衝突する状況を指します。

具体的に言えば、例えばある法律の要件を満たさないことがある場合、それは「違反」と言われます。一方、二つの異なる法律の要件が衝突する場合、それは「抵触」と言われます。

「違反」の例文

– 道路交通法によれば、信号の無視は違反行為とされています。
– 契約書には細かな項目があり、その中の一つでも抜けていれば違反となります。

「抵触」の例文

– このプランの要件とあなたの予定が抵触するため、申し込みができません。
– 二つの条例が相容れず、法的な抵触が生じる可能性があります。

まとめ

いかがでしょうか。今回は「違反」と「抵触」について説明しました。違反はルールや法律に対して要件を満たさない状態を指し、一方で抵触は異なる要件が衝突する状況を指します。どちらも注意が必要であり、自身の行動や状況を見直す際には、違反や抵触が起きていないか確認することが大切です。