専門用語・業界用語

どう違う?「過言」と「言い過ぎ」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「過言」と「言い過ぎ」の違いを分かりやすく簡単に解説します。
「過言」とは?

過言とは、事実や真実を大げさに表現することを指します。つまり、実際の状況や内容よりも誇張して表現することを言います。

「言い過ぎ」とは?

言い過ぎとは、相手に対して不必要なまでに過剰な言葉や表現を使うことを指します。つまり、相手に対して不適切な言葉や語句を使用することや、感情的な言動を過剰に示すことを言います。

「過言」と「言い過ぎ」の違い

過言と言い過ぎは似ていますが、違いがあります。過言は事実や真実を大げさに表現することであり、言い過ぎは過剰な言葉や表現を使って相手に対して不適切な影響を与えることです。

「過言」の例文

1. 彼女は美しいと言っても過言ではありません。
2. この映画は感動的と言っても過言ではないです。

「言い過ぎ」の例文

1. あんなくだらないことをやるなんて、言い過ぎだよ。
2. 彼の言葉は失礼すぎて、完全に言い過ぎです。

まとめ

過言と言い過ぎは、それぞれ異なる意味を持ちます。過言は事実や真実を大げさに表現することであり、言い過ぎは相手に対して不必要なまでに過剰な言葉や表現を使うことです。初心者にもわかりやすく丁寧に説明しましたので、理解していただけたかと思います。