状態

どう違う?「遅れる」と「後れる」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「遅れる」と「後れる」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「遅れる」とは?

「遅れる」とは、予定や時間に間に合わないことを指します。例えば、約束の時間に遅れる、出発の時間に遅れるなどがあります。

「後れる」とは?

「後れる」とは、「遅れる」と同じく予定や時間に間に合わないことを指します。例えば、授業に遅れる、会議に遅れるなどがあります。

「遅れる」と「後れる」の違い

「遅れる」と「後れる」は、ほぼ同じ意味で使われることがありますが、微妙なニュアンスの違いがあります。

「遅れる」は、時間の感覚による遅れを表現する場合に使われます。「遅刻する」というように、時間のスケジュールに対して遅れることを強調します。

一方、「後れる」は、物理的な位置や状況の遅れを表現する場合に使われます。例えば、列車に後れて乗る、他の人よりも後れて行動するなどがあります。

「遅れる」の例文

1. 授業に遅れてしまいました。
2. バスが遅れていて、会社に遅れそうです。
3. 電車の遅れにより、予定が狂ってしまいました。

「後れる」の例文

1. 先生に注意されて、他の生徒たちと比べて後れてしまいました。
2. 仕事が忙しくて、他の部署と比べて業績が後れています。
3. ゲームに熟練していないため、他のプレイヤーに後れを取っています。

まとめ

「遅れる」と「後れる」は、どちらも時間や予定に対して間に合わないことを表現する言葉ですが、微妙なニュアンスの違いがあります。適切な言葉の選択をすることで、より正確な意思表現が可能となります。