状態

どう違う?「連続」と「断続」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「連続」と「断続」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「連続」とは?

連続とは、一つの状態が途切れることなく続いている状態を指します。

「断続」とは?

断続とは、一つの状態が途切れることなく繰り返されることを指します。

「連続」と「断続」の違い

連続と断続の違いは、一つの状態が続き続けるか、途切れ途切れになるかという点です。連続は途切れることなく続き、断続は途切れることなく繰り返されます。

「連続」の例文

– 彼は連続で10勝を達成した。
– 連続で走り抜けた彼の姿は迫力があった。

「断続」の例文

– 雨が断続的に降っています。
– 断続的なインターネットの接続問題が発生しました。

まとめ

連続と断続は、一つの状態が途切れるか続くかという点で異なります。連続は途切れずに続き、断続は途切れ途切れになります。それぞれの例文も参考にして、連続と断続の違いを理解しましょう。