金融・経済

どう違う?「返済」と「返却」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「返済」と「返却」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「返済」とは?

「返済」とは、借りたものや借金を返すことを指します。お金や物品などを借りた際に、一定期間内に元本や利子を全額返すことが求められます。

「返却」とは?

「返却」とは、貸与された物品を所有者に返すことを指します。主に貸し出された本やDVD、貸し出し用品などに対して使用期限や貸出期間があり、それが終了した場合に返却することが必要です。

「返済」と「返却」の違い

「返済」と「返却」の違いは、主に返す対象が異なる点です。「返済」はお金や借りたものに対して行われる返しであり、借金や融資などで使用されます。「返却」は物品や貸し出し物に対して行われる返しであり、主に図書館やレンタル店などで使用されます。

「返済」の例文

1. 銀行に借りたお金は、毎月定められた日に返済しなければなりません。
2. ローンを組んで車を買ったので、月々の返済額を計算しておかなければなりません。

「返却」の例文

1. 図書館で借りた本は、期限までに返却しなければなりません。
2. レンタルショップで借りたDVDは、返却期限を守って返さなければなりません。

まとめ

「返済」と「返却」は異なる意味を持ちますが、共通して借りたものや貸し出された物品を返す行為です。どちらも約束した期限や条件を守って、丁寧に行うことが大切です。初心者にもわかりやすく、カジュアルなトーンで説明しましたので、理解していただけると幸いです。