専門用語・業界用語

どう違う?「貢献」と「尽力」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「貢献」と「尽力」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「貢献」とは?

「貢献」とは、自分の能力や知識を活かして、他人や組織のために何かしらの成果を提供することです。自分の得意な分野や専門知識を活かして、他人や組織の成果や目標達成に寄与することが求められます。

「尽力」とは?

「尽力」とは、自分の最善の努力を尽くすことを指します。自分の能力や知識、経験を存分に活かし、物事に全力で取り組むことが求められます。「尽力」には、目標達成や成果の提供という具体的な結果が求められることがあります。

「貢献」と「尽力」の違い

「貢献」と「尽力」は、目的や結果において微妙な違いがあります。貢献は、他人や組織のために成果を提供することを重視します。一方、尽力は、自分自身が最善の努力を尽くすことを重視します。

「貢献」の例文

以下は、「貢献」の例文です。

1. 私の専門知識を活かして、新商品の開発に貢献しました。
2. チームメンバーの意見を取り入れ、プロジェクトの円滑な進行に貢献しました。
3. 社内研修で学んだ知識を共有し、他のメンバーのスキルアップに貢献しました。

「尽力」の例文

以下は、「尽力」の例文です。

1. 限られた資源の中で、最善の方法を見つけるために尽力しました。
2. デッドラインに追われながらも、品質を保つために尽力しました。
3. 困難な課題に取り組みながらも、最後まで諦めずに尽力しました。

まとめ

「貢献」とは、自分の能力や知識を使って他人や組織に成果を提供することであり、「尽力」とは、最善の努力を尽くすことを指します。どちらもプロ意識を持って取り組むことが求められます。