専門用語・業界用語

どう違う?「記載」と「明記」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「記載」と「明記」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「記載」とは?

「記載」とは、情報や内容を書き記すことを指します。文章や文書などに必要な情報や詳細な内容を書き留めることが含まれます。

「明記」とは?

「明記」とは、はっきりと示すことや明確に表現することを指します。特定の情報や要点をはっきりと書き表すことが含まれます。

「記載」と「明記」の違い

「記載」と「明記」の違いは、表現の明確さや詳細さにあります。前者は情報や内容を書き記すことを重視し、後者ははっきりと示すことや明確な表現を重視します。

「記載」の例文

– 回答用紙に個人情報を正確に記載してください。
– 会議の議事録には、議題や発言内容を詳細に記載します。

「明記」の例文

– 購入希望商品の型番を明記してください。
– メールの件名に必要な情報を明記して、内容を簡潔に説明してください。

まとめ

「記載」と「明記」は、情報を書き留めることやはっきりと示すことを目的としています。どちらも丁寧でわかりやすい表現を心掛けることが重要です。初心者でも理解しやすいように、カジュアルなトーンで説明しました。