専門用語・業界用語

どう違う?「虚言」と「妄言」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「虚言」と「妄言」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「虚言」とは?

「虚言」とは、事実と異なることを言うことを意味します。つまり、嘘をつくことです。

「妄言」とは?

「妄言」とは、根拠のないことを言うことを意味します。つまり、現実的ではないことを言うことです。

「虚言」と「妄言」の違い

「虚言」と「妄言」の違いは、主に言われる内容の信憑性にあります。虚言は事実と異なることを言うため、嘘とされます。一方、妄言は根拠のないことを言うため、現実的ではないとされます。

「虚言」の例文

例えば、「私は昨日、宇宙人に会った」という文は虚言の例です。宇宙人に会ったという事実はないため、事実と異なることが言われています。

「妄言」の例文

例えば、「明日から世界は平和になる」という文は妄言の例です。根拠のないことを言っており、現実的ではありません。

まとめ

「虚言」と「妄言」は、言われる内容の信憑性に違いがあります。虚言は事実と異なることを言い、嘘とされます。妄言は根拠のないことを言い、現実的ではありません。初心者にもわかりやすく丁寧に説明しましたので、以上が「虚言」と「妄言」についての解説です。