生活・教育

どう違う?「良識」と「常識」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「良識」と「常識」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「良識」とは?

「良識」とは、他人を思いやる心や行動を指す言葉です。自分の利益だけでなく、周りの人々の利益や感情にも配慮し、適切な判断や行動をする能力を指します。

「常識」とは?

「常識」とは、ある社会や共同体で共有されている普遍的な価値観や知識のことを指します。社会的なルールやマナー、一般的な知識などが含まれます。

「良識」と「常識」の違い

「良識」と「常識」は似た意味を持っていますが、微妙に異なるニュアンスがあります。良識は個人の心のあり方や行動に焦点を当て、他人を思いやる心や適切な判断を指します。一方で、常識は社会的なルールや共通の知識に基づいた行動や判断を指します。良識は主観的な要素が強く、常識は客観的な要素が強いと言えます。

「良識」の例文

1. 会議では相手の発言に対して丁寧な態度を持ち、一人一人の意見を尊重することが良識です。
2. 公共の場では周りの人々の迷惑にならないように、ゴミは適切な場所に捨てる良識を持ちましょう。
3. 交通ルールを守り、他のドライバーや歩行者に対して優しい態度を持つことが良識です。

「常識」の例文

1. 食事の際には口を開けて食べず、箸やスプーンなどの適切な道具を使うのが常識です。
2. 電車やバスでの移動時には、席を譲るべき人には譲る常識を持ちましょう。
3. 外出時にはマスクを着用し、咳エチケットを守るのは風邪や病気の予防としての常識です。

まとめ

「良識」は個人の心のあり方や行動に焦点を当てた言葉であり、他人を思いやる心や適切な判断を指します。「常識」は社会的なルールや共通の知識に基づいた行動や判断を指し、社会生活での適切な行動やマナーを示しています。どちらも大切な要素であり、初心者にもわかりやすく丁寧な言葉で伝えることが重要です。