生活・教育

どう違う?「終える」と「終わる」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「終える」と「終わる」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「終える」とは?

「終える」とは、何かを最後までやり遂げることを指します。自分の意志や努力によって、完了させることができるという意味があります。

「終わる」とは?

一方、「終わる」とは、何かが自然に終わることや最後になることを指します。外部の要因や時間の経過によって、終わりになるという意味があります。

「終える」と「終わる」の違い

「終える」と「終わる」の違いは、主体性と能動性にあります。つまり、「終える」は自分の意志や努力によって終わらせることができるのに対し、「終わる」は外部の要因や時間の経過によって自然に終わることが特徴です。

「終える」の例文

1. 仕事を終える前に、報告書を作成しました。
2. 試験が終わった後、友達と遊びに行きました。
3. 大切なイベントを終えた後、ほっと一息つきました。

「終わる」の例文

1. 夜が明けると、雨が終わっていました。
2. 試合が終わる頃、応援団から大きな歓声が上がりました。
3. この映画は、予告編が終わってから始まります。

まとめ

「終える」と「終わる」は、何かが終わることを表す言葉ですが、その方法や要因に違いがあります。自分の意志や努力で完了させる場合は「終える」を使い、外部の要因や時間の経過で終わる場合は「終わる」を使います。