専門用語・業界用語

どう違う?「抑止」と「防止」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「抑止」と「防止」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「抑止」とは?

抑止とは、何かを抑えることや制御することを指します。具体的には、ある行動や状態を阻止するために、力や手段を用いることを言います。

「防止」とは?

防止とは、何かが起こるのを予め防ぐことや未然に防ぐことを指します。具体的には、ある事態や問題が生じないように、予防策や対策を講じることを言います。

「抑止」と「防止」の違い

「抑止」と「防止」の違いは、主に対象や手段にあります。

「抑止」は、既に発生してしまった事態や問題に対して働きかけることが多く、その結果としてその事態や問題が広がらないようにすることを目指します。「抑止」は、既に起こってしまったことを止めることに重点を置いています。

一方、「防止」は、未然に事態や問題を防ぐことを目指します。予め対策や予防策を講じることで、問題が発生する前に防ぐことを重視します。

「抑止」の例文

– 「犯罪の抑止には、適切な警察の存在が重要です。」
– 「戦争の抑止のために、国際的な協力が必要です。」
– 「不正行為の抑止策として、厳格な監査を行います。」

「防止」の例文

– 「火災を防止するために、火の取り扱いには十分な注意が必要です。」
– 「感染症の拡大を防止するために、予防接種が重要です。」
– 「事故を防止するためには、適切な安全対策が必要です。」

まとめ

「抑止」と「防止」は、似たような意味を持つ単語ですが、対象や手段によって異なる使われ方をします。「抑止」は既に発生してしまった問題に対して働きかけ、広がりを抑えることを目指します。「防止」は未然に問題を防ぐために予め対策を講じることが重要です。