状態

どう違う?「所有」と「占有」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「所有」と「占有」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「所有」とは?

所有とは、ある物や物事を所有していることを指す言葉です。自分のものとして、自由に使ったり、持ち運んだりすることができます。

「占有」とは?

占有とは、ある物や物事を占めていることを指す言葉です。占有している物や物事は、他者が使用することができず、自分が管理・支配することができます。

「所有」と「占有」の違い

所有と占有の違いは、所有は自分のものとして自由に使えることに対して、占有は他者が使用できないように支配することができる点です。

「所有」の例文

1. 私は車を所有しています。
2. 彼はその土地を所有しています。
3. 会社は特許を所有しています。

「占有」の例文

1. 彼は公園のベンチを占有しています。
2. その部屋は現在、誰かに占有されています。
3. 他の人は使わないでください。この席は私が占有しています。

まとめ

所有と占有は、物や物事を管理・支配することを指す言葉ですが、所有は自分のものとして自由に使えることを意味し、占有は他者が使用できないように支配することを意味します。