専門用語・業界用語

どう違う?「急襲」と「奇襲」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「急襲」と「奇襲」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「急襲」とは?

急襲とは、敵を不意に襲うことを指します。基本的には予告なく攻撃を行い、相手を驚かせることが目的です。

「奇襲」とは?

奇襲とは、敵を予想外の方法や場所から襲うことを指します。敵が警戒していない状況を利用し、攻撃を行うことが特徴です。

「急襲」と「奇襲」の違い

急襲と奇襲は似ていますが、微妙な違いがあります。急襲は予告なく攻撃を行うことを重視し、奇襲は予想外の方法や場所から攻撃を行うことを重視します。

「急襲」の例文

急襲の例文をいくつか紹介します。

1. 夜の闇に紛れて敵のキャンプに忍び込み、急襲をかけた。
2. 敵の目を盗んで、急襲の合図を出した。

「奇襲」の例文

奇襲の例文をいくつか紹介します。

1. 敵が橋を渡るところを見計らって、奇襲をかけた。
2. 敵の上空から奇襲を仕掛け、彼らを混乱させた。

まとめ

急襲と奇襲は、敵を不意に襲うことを目的としていますが、微妙な違いがあります。急襲は予告なく攻撃を行い、奇襲は予想外の方法や場所から攻撃を行います。どちらも戦術として重要であり、戦況に応じて使い分けることが大切です。