ビジネス・就職・転職

どう違う?「復帰」と「復職」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「復帰」と「復職」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「復帰」とは?

復帰とは、一時的に離れていた職場や活動に戻ることを指します。例えば、病気や出産・育児などの理由で休職していた場合に、その後に再び職場に復帰することが復帰と呼ばれます。

「復職」とは?

復職とは、離職していた状態から新たな職場・企業に再就職することを指します。例えば、転職や退職してから別の会社に就職する場合に、その新しい職場で働くことを復職と呼びます。

「復帰」と「復職」の違い

復帰と復職は似たような意味に感じられますが、その違いは「戻る場所」です。復帰は一時的に離れた職場・活動に戻ることを指し、復職は離職した後に新たな職場・企業に就職することを指します。

「復帰」の例文

例文1:産休を取得していたが、無事に子供を出産し、数ヶ月後に職場に復帰した。

例文2:怪我をして手術を受けた後、リハビリを経てスポーツ選手としての活動に復帰した。

「復職」の例文

例文1:前職での経験を活かして新たなキャリアを追求するため、退職後は別の企業に復職した。

例文2:長期の海外出張を終えて、本社に復職して新しいプロジェクトに参加した。

まとめ

以上が「復帰」と「復職」についての解説と例文です。復帰は一時的に離れた職場・活動への戻りを指し、復職は離職後に新たな職場・企業で働くことを指します。初心者にもわかりやすく丁寧な説明を心がけ、カジュアルなトーンでお伝えしました。