専門用語・業界用語

どう違う?「弾性」と「塑性」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「弾性」と「塑性」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「弾性」とは?

弾性とは、物体が外力を受けて変形した後、元の形状や大きさに戻る性質を指します。弾性の特徴としては、変形によって内部構造が一時的に変化するが、外力が取り除かれると元に戻ることが挙げられます。

「塑性」とは?

塑性とは、物体が外力を受けて変形した後、元の形状や大きさに戻らない性質を指します。塑性変形が起きると、物体の内部構造が恒久的に変化し、元に戻すことはできません。

「弾性」と「塑性」の違い

弾性と塑性の違いは、変形後に元の形状や大きさに戻るかどうかにあります。弾性の場合、変形が一時的なものであり、外力が取り除かれると元に戻ります。一方、塑性の場合、変形が恒久的なものであり、元に戻すことはできません。

「弾性」の例文

弾性の例としては、ゴムやスプリングが挙げられます。ゴムを引っ張ると伸びますが、元に戻ります。スプリングも同様に、圧縮されたり伸びたりしても、外力が取り除かれると元の形状に戻ります。

「塑性」の例文

塑性の例としては、金属の加工が挙げられます。金属は加熱や圧力によって変形し、恒久的な形状変化が起こります。たとえば、鍛造や圧延といった金属加工技術は、金属の塑性変形を利用しています。

まとめ

弾性と塑性は、物体の変形における性質の違いを表しています。弾性は一時的な変形であり、元に戻る性質を持ちます。一方、塑性は恒久的な変形であり、元に戻すことはできません。さまざまな物体や材料において、弾性と塑性が重要な役割を果たしています。