生活・教育

どう違う?「帰宅」と「帰省」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「帰宅」と「帰省」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「帰宅」とは?

「帰宅」とは、外出している場所から自宅に戻ることを指します。仕事や学校、旅行などで外出していた人が、自宅に戻ることを意味します。

「帰省」とは?

「帰省」とは、自分の出身地や実家に戻ることを指します。休暇や特別な機会に、遠方に住んでいる家族や親戚を訪ねるために、自宅から出発し実家に帰ることを意味します。

「帰宅」と「帰省」の違い

「帰宅」と「帰省」は、それぞれ異なる意味を持つ言葉です。まず、「帰宅」は、外出していた場所から自宅に戻ることを指します。一方、「帰省」は、自宅から遠方にある実家や出身地に戻ることを指します。つまり、「帰宅」は一時的な帰宅であり、日常的に自宅に戻ることを意味しますが、「帰省」は特別な機会に限られた実家への帰省を指します。

「帰宅」の例文

以下は「帰宅」を使った例文です。

1. 仕事が終わった後、私は駅まで歩いて帰宅しました。
2. 遠くの友人の家に泊まっていたので、今日は帰宅する予定です。

「帰省」の例文

以下は「帰省」を使った例文です。

1. 元旦にはいつも実家に帰省して、家族と一緒に新年を迎えます。
2. 長い間会っていない親戚に会いたいので、夏休みに帰省する予定です。

まとめ

「帰宅」と「帰省」は、どちらも「帰る」という意味ではありますが、帰る場所や目的が異なります。「帰宅」は一時的な帰宅を指し、日常的に自宅に戻ることを意味します。一方、「帰省」は特別な機会に実家や出身地に戻ることを指します。