金融・経済

どう違う?「実業」と「虚業」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「実業」と「虚業」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「実業」とは?

実業とは、実際に製品を作り、サービスを提供することを指します。具体的には、工場を所有して製品を製造し、それを市場に出荷するなど、実際の物理的な活動が伴う事業を指します。

「虚業」とは?

虚業とは、実際の物理的な活動を伴わずに、情報やサービスを提供することを指します。具体的には、ウェブサイトの運営やコンサルティング業務などが該当します。

「実業」と「虚業」の違い

実業と虚業の違いは、主に物理的な活動の有無です。実業では製品の製造や物流など、具体的な物理的な活動が必要ですが、虚業では情報の提供やサービスの提供が主な活動です。また、実業は製品を製造することで収益を得るのに対し、虚業は主に情報やサービスの提供によって収益を得ることが特徴です。

「実業」の例文

実業の例文としては、自動車メーカーや飲料メーカーなどの製造業が挙げられます。自動車メーカーは自動車を製造し、販売することで収益を上げます。飲料メーカーは飲料水を製造し、市場に出荷することで収益を得ます。

「虚業」の例文

虚業の例文としては、ウェブサイトの運営やコンサルティング業務が挙げられます。ウェブサイトの運営では情報やコンテンツを提供し、広告収入や販売コミッションなどで収益を得ます。コンサルティング業務では専門知識や情報を提供し、クライアントから報酬を得ることが一般的です。

まとめ

実業と虚業は、物理的な活動の有無によって区別される概念です。実業は製品の製造や物流など具体的な物理的な活動が伴い、虚業は情報やサービスの提供が主な活動です。それぞれには異なる収益の得方や業種が存在します。