専門用語・業界用語

どう違う?「実体」と「実在」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「実体」と「実在」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「実体」とは?

「実体」とは、物事が具体的に存在していることを指します。ある物や事象が実際に存在し、触れたり経験したりすることができることを表します。

「実在」とは?

「実在」とは、物事が現実に存在していることを指します。ある物や事象が実際に存在しており、外界において確認や証明が可能なことを表します。

「実体」と「実在」の違い

「実体」は、物事が具体的に存在していることを指し、「実在」は、物事が現実に存在していることを指します。つまり、「実体」は主観的な存在を表し、その物事が存在することを内面的に感じることです。一方、「実在」は客観的な存在を表し、その物事が現実に確認や証明ができることです。

「実体」の例文

– 私たちの思いや感情は、実体があるのか?
– 神話のキャラクターたちは、実体を持っているのだろうか?
– 夢の中で出会った人物は、実体があったのか否かが分からない。

「実在」の例文

– 昨日公園で見かけた猫は、本当に実在する猫だったのか?
– UFOは本当に実在するのか、それともただの噂だけなのか疑問だ。
– 過去の出来事を信じるためには、実在する証拠が必要だ。

まとめ

「実体」と「実在」は、物事の存在を表す言葉ですが、微妙な違いがあります。物事が具体的に存在することを「実体」と言い、現実に存在し確認や証明が可能なことを「実在」と言います。この違いを理解することで、より具体的な表現ができるでしょう。