状態

どう違う?「壊滅」と「全滅」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「壊滅」と「全滅」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「壊滅」とは?

「壊滅」とは、非常に大きな被害を受けて完全に破壊されることを指します。例えば、戦争や自然災害によって都市が壊滅的な被害を受けることや、企業が経営不振によって壊滅することなどがあります。

「全滅」とは?

「全滅」とは、全てが完全に消滅することを指します。例えば、戦闘において部隊が全滅することや、感染症が広がって全滅することなどがあります。

「壊滅」と「全滅」の違い

「壊滅」と「全滅」の違いは、主に被害の程度にあります。壊滅は大きな被害を受けて破壊されることを指し、一方で全滅は完全に消滅することを指します。また、「壊滅」は広い範囲にわたって起こることが多いですが、「全滅」は一部の対象に限定されることが多いです。

「壊滅」の例文

1. 戦争によって都市は壊滅的な状態に陥りました。
2. 自然災害によって農作物は壊滅しました。

「全滅」の例文

1. 部隊が攻撃を受け、全滅してしまいました。
2. 伝染病が蔓延して、村の人々は全滅してしまいました。

まとめ

「壊滅」とは非常に大きな被害を受けて完全に破壊されることを指し、「全滅」とは全てが完全に消滅することを指します。両者の違いは被害の程度と範囲にあります。