専門用語・業界用語

どう違う?「増築」と「増設」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「増築」と「増設」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「増築」とは?

増築は、建物や部屋などを現在よりも広くすることを指します。新たな空間を作り出すために、既存の建物に追加する工事を行います。

「増設」とは?

増設も、建物や部屋を広くすることを目的とした工事ですが、増築とは異なり、既存の建物から独立した新たな建物や施設を建てることを指します。

「増築」と「増設」の違い

増築と増設の違いは、主に工事の方法や範囲にあります。増築は、既存の建物に追加を行い、既存の建物と一体化させるため、外観や構造が一つになります。一方、増設は、既存の建物とは独立した新たな建物を建てるため、外観や構造が異なることが一般的です。

「増築」の例文

例えば、家庭での増築の例を挙げると、既存の一戸建て住宅に新たな部屋を追加することが考えられます。これにより、広々としたリビングルームや書斎、子供部屋などを増やすことができます。

「増設」の例文

増設の一つの例としては、会社のオフィスビルに別棟を建てることが挙げられます。新たな別棟には、新しい部署のオフィスや会議室などが設けられ、既存のオフィスとは分けられることで、より効率的な業務が行われるようになります。

まとめ

増築と増設は、建物や部屋を広くするための工事ですが、増築は既存の建物に追加を行い、一体化させるのに対して、増設は独立した新たな建物を建てることを指します。それぞれの方法には特徴があり、目的に応じて適切な工事方法を選ぶことが重要です。