ビジネス・就職・転職

どう違う?「出荷」と「出庫」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「出荷」と「出庫」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「出荷」とは?

「出荷」とは、商品や製品を倉庫や工場から出して、顧客や仕入先に送ることを指します。

「出庫」とは?

「出庫」とは、倉庫や保管場所から商品や製品を取り出すことを指します。

「出荷」と「出庫」の違い

「出荷」と「出庫」の違いは、主に以下の点です。

1. 目的:
– 「出荷」は、商品を顧客や仕入先に送るために出すことを目的としています。
– 「出庫」は、倉庫や保管場所から商品を取り出すことが目的です。

2. 場所:
– 「出荷」は、倉庫や工場から出荷する場所です。
– 「出庫」は、倉庫や保管場所から商品を出す場所です。

3. 対象:
– 「出荷」は、商品や製品が対象です。
– 「出庫」は、倉庫や保管場所に保管されている商品が対象です。

「出荷」の例文

以下に「出荷」の例文をいくつか紹介します。

1. 本日、当社の新商品をお客様に出荷いたしました。
2. 出荷予定日から1週間遅れてしまいましたが、本日出荷いたします。
3. 出荷手続きが完了しましたので、商品はお届けまでお待ちください。

「出庫」の例文

以下に「出庫」の例文をいくつか紹介します。

1. 商品の出庫が完了しましたので、急送でお届けいたします。
2. 出庫した商品は、明日の出荷予定です。
3. 出庫場所に保管されていた商品が不足しており、追加の出庫手続きが必要です。

まとめ

今回は、「出荷」と「出庫」について説明しました。出荷は商品や製品を出して顧客や仕入先に送ることを指し、出庫は倉庫や保管場所から商品を取り出すことを指します。それぞれの違いについても述べました。