専門用語・業界用語

どう違う?「処分」と「処理」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「処分」と「処理」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「処分」とは?

「処分」とは、ある物や問題に対して、それを取り除いたり解決したりすることです。例えば、ゴミを捨てることや、使わなくなったものを手放すことなどが「処分」と言えます。

「処理」とは?

「処理」とは、あるデータや情報を扱ったり、操作したりすることです。コンピュータの場合、データを処理することや、手続きを行うことなどが「処理」と言えます。

「処分」と「処理」の違い

「処分」と「処理」の違いは、対象となるものや行われる内容にあります。例えば、ゴミを捨てることは「処分」ですが、ゴミを分別したり再利用したりすることは「処理」です。

「処分」の例文

1. 使わなくなった服を処分した。
2. 古い家具をリサイクルショップに処分した。

「処理」の例文

1. データを処理するプログラムを作成した。
2. オーダーを処理するためのシステムを開発した。

まとめ

「処分」とは、ある物や問題を取り除いたり解決したりすることであり、「処理」とは、データや情報を扱ったり操作したりすることです。それぞれの違いを理解し、適切な文脈で使い分けましょう。