専門用語・業界用語

どう違う?「再会」と「際会」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「再会」と「際会」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「再会」とは?

「再会」とは、ある人や物と再び会うことを指す言葉です。その人や物と一度は別れていた状況から、再び出会うことを意味します。

「際会」とは?

「際会」とは、特定の場面や状況での出会いを指す言葉です。ある特定のイベントや会合などで、人々が出会うことを表現します。

「再会」と「際会」の違い

「再会」と「際会」は、出会いの状況や背景が異なる点で違います。

「再会」は、ある人や物と一度は別れていた状況から再び会うことを指し、個別の人や物に焦点を当てています。

一方、「際会」は、特定の場面や状況での出会いを指し、イベントや会合などに焦点を当てています。複数の人々が集まる場所や特別な機会での出会いを表現します。

「再会」の例文

– 長い旅行から帰国した友人と再会した。
– 昔の同級生との再会は、とても感慨深いものだった。
– 長年会っていなかった家族と再会できる喜びを感じた。

「際会」の例文

– 会議の際会で新しい取引先と出会った。
– パーティーの際会で多くの興味深い人と話すことができた。
– 学会の際会で専門の研究者と意見を交換する機会が得られた。

まとめ

「再会」と「際会」は、出会いの状況や背景によって異なる意味を持っています。個別の人や物に焦点を当てる場合は「再会」を使用し、イベントや会合などの特別な場面での出会いを表現する場合は「際会」を使用します。