ビジネス・就職・転職

どう違う?「一任」と「丸投げ」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「一任」と「丸投げ」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「一任」とは?

「一任」とは、何かを他の人に任せることを指します。自分で行う必要のある仕事や責任を他の人に委ねることで、自分自身の負担を軽減することができます。

「丸投げ」とは?

「丸投げ」とは、自分の責任や仕事を他の人に完全に委ねることを指します。他の人に任せることで、自分はその仕事や責任を放棄することになります。

「一任」と「丸投げ」の違い

「一任」は、自分が他の人に仕事を委ねることですが、自分自身もその仕事に関与することがあります。一方、「丸投げ」は、完全に他の人に仕事や責任を任せることです。自分は関与せず、責任を放棄します。

「一任」の例文

例文1:プロジェクトの進行管理を一任します。
例文2:営業部門のマネージャーに業績改善を一任しました。

「丸投げ」の例文

例文1:プレゼンテーションの資料作成を他のメンバーに丸投げしました。
例文2:イベントの企画全般を他のスタッフに丸投げしました。

まとめ

「一任」と「丸投げ」は、他の人に仕事や責任を任せることですが、その違いは関与の程度です。「一任」は、自分も関与しながら他の人に任せることで、自分自身の負担を軽減することができます。「丸投げ」は、完全に他の人に任せることで、自分は関与せずに責任を放棄します。どちらの方法を選ぶかは、状況や信頼度によって異なるでしょう。