金融・経済

どう違う?「財産」と「遺産」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「財産」と「遺産」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「財産」とは?

「財産」とは、個人や組織が所有する物や権利、資産のことを指します。具体的には、お金や不動産、株式や債権などが財産とされます。

「遺産」とは?

「遺産」とは、亡くなった人が遺した財産のことを指します。つまり、故人が所有していたものや権利が遺産となります。遺言状などによって、亡くなった人の意思に基づき、遺産の相続が行われます。

「財産」と「遺産」の違い

「財産」と「遺産」の違いは、所有者の生存状態です。財産は所有者が生きている間に所有している物や権利を指し、遺産は所有者が亡くなった後に残された財産を指します。

「財産」の例文

例えば、銀行に預金しているお金や自宅の不動産、所有している株式や債権などが財産の一部となります。

「遺産」の例文

例えば、故人が遺言状で指定した相続人に対して遺した土地や家屋、預金口座の残高、保険金などが遺産の一部となります。

まとめ

「財産」とは、所有者が生存している間に所有する物や権利を指し、一方、「遺産」とは亡くなった人が遺した財産のことを指します。財産は個人や組織が所有するさまざまなものを含みますが、遺産は亡くなった人が所有していた財産を指します。