専門用語・業界用語

どう違う?「結構です」と「構いません」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「結構です」と「構いません」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「結構です」とは?

「結構です」とは、相手の申し出やお願いに対して、断りの意を示す表現です。

「構いません」とは?

「構いません」とは、相手の申し出やお願いに対して、受け入れる意を示す表現です。

「結構です」と「構いません」の違い

「結構です」と「構いません」の違いは、相手の申し出やお願いにどのような返答をするかによって異なります。前者は断りの意を示し、後者は受け入れる意を示します。

「結構です」の例文

1. 「結構です、お誘いありがとうございますが、家事がありますので今回はごめんなさい」
2. 「結構です、お礼は必要ありません。お互いに助け合うのが当たり前ですから」
3. 「結構です、でも他の方にお願いしてみてください。私は今忙しいです」

「構いません」の例文

1. 「構いません、お手伝いします。どのような方法でお手伝いすればよろしいですか?」
2. 「構いません、むしろ喜んでお手伝いいたします。お互いに助け合うことが大切ですから」
3. 「構いません、お願いされること自体が嬉しいです。どのようなお手伝いが必要ですか?」

まとめ

「結構です」と「構いません」は、相手の申し出やお願いに対する返答の表現です。前者は断りの意を示し、後者は受け入れる意を示します。相手の状況や自身の都合に合わせて適切な返答をすることが大切です。