製品・商品

どう違う?「流通」と「物流」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「流通」と「物流」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「流通」とは?

流通とは、商品やサービスが生産者から消費者に至るまでの過程で、流れていくことを指します。具体的には、製品の仕入れ、販売、配送などが含まれます。

「物流」とは?

物流は、製品や資材の運送や保管などの流れを管理することを指します。生産者から消費者に至るまでの間に、製品や資材が効率的に動くことが求められます。

「流通」と「物流」の違い

流通と物流は、商品やサービスの流れに関連していますが、それぞれ異なる側面を持っています。流通は、商品やサービスが生産者から消費者へと移動する過程全体を指します。一方、物流は、具体的には製品や資材の運送や保管などを管理することを指します。

「流通」の例文

例えば、あなたがスーパーマーケットで買い物をする場合、商品がスーパーマーケットに仕入れられ、店頭で陳列されて販売されるまでの一連の過程が流通の一部です。

「物流」の例文

物流の例として、製品を倉庫からトラックに積み込み、配送先に届けるプロセスが挙げられます。製品がどのように運ばれ、配送先に確実に到着するかを管理することが物流の重要な役割です。

まとめ

流通と物流は、商品やサービスの流れを管理するために重要な要素です。流通は製品やサービスの移動全体を指し、物流は具体的な運送や保管などを管理することを指します。