専門用語・業界用語

どう違う?「検挙」と「摘発」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「検挙」と「摘発」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「検挙」とは?

検挙とは、犯罪者や違法行為を行った者を警察などの公的機関が逮捕・拘束することを指します。検挙は、犯罪の防止や社会の安全を守るために行われます。

「摘発」とは?

摘発とは、不正や違法行為を発見し、公的機関がそれを明らかにすることを指します。摘発は、法律や規則を守らせるために行われ、不正や違法行為の摘発によって社会の秩序を維持することが目的です。

「検挙」と「摘発」の違い

検挙と摘発は、どちらも犯罪や違法行為に対して行われる行為ですが、その方法や範囲に違いがあります。

検挙は、具体的な犯罪行為を行った人物を特定し、逮捕・拘束することを指します。一方で、摘発は、広範な不正や違法行為を発見し、それを明るみに出すことを目指します。

検挙は、明確な犯罪行為を行った人物に対して行われるため、証拠や目撃者の証言などが必要となります。一方、摘発は、不正や違法行為の証拠を集めることが主な目的であり、直接的な逮捕や拘束は行われません。

「検挙」の例文

例えば、窃盗事件において検挙が行われる場合、警察は犯人の身元を特定し、逮捕・拘束します。証拠や目撃者の証言に基づいて、犯人の行為を立証し、法的な手続きを経て検挙が行われます。

「摘発」の例文

一方、不正な金融取引を摘発する場合、公的機関は証拠を集め、不正行為の実態を明らかにします。証拠の整理や分析を行い、不正行為の摘発に向けた報告書や報道発表などが行われます。

まとめ

検挙と摘発は、犯罪や違法行為に対して行われる行為ですが、その方法や目的に違いがあります。検挙は具体的な犯罪行為を行った人物を逮捕・拘束し、摘発は不正や違法行為を発見・明らかにすることを目指します。検挙と摘発は、社会の秩序を守るために重要な活動であり、正確な情報の伝達と適切な対応が求められます。