専門用語・業界用語

どう違う?「推定」と「推測」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「推定」と「推測」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「推定」とは?

推定とは、ある情報やデータをもとに、推論や予測を行うことです。具体的な根拠や証拠がない場合でも、論理的に考えることで答えを導き出すことが求められます。

「推測」とは?

推測とは、直接的な証拠や情報がない状況でも、論理的に考えることで答えを導き出すことです。推測は、ある程度の判断力と経験に基づいて行われることが多いです。

「推定」と「推測」の違い

「推定」と「推測」は非常に似た意味を持つ言葉ですが、微妙な違いがあります。推定は、ある程度の根拠や情報に基づいて答えを導き出すことですが、推測は直接的な証拠や情報がなくても答えを導き出すことです。

「推定」の例文

– 明日の天気は晴れだと推定されています。
– この問題の解答は、時間がかかると推定されます。

「推測」の例文

– 彼が急に笑い出したので、何を考えているのか推測できませんでした。
– その出来事の原因についての推測を行いました。

まとめ

推定と推測は、似た意味を持ちながら微妙な違いがあります。推定はある程度の根拠や情報に基づいて答えを導き出し、推測は直接的な証拠や情報がなくても答えを導き出します。どちらも論理的に考えることが求められます。